S家に嫁いだM嬢の日常 感想をレビュー

S家に嫁いだM嬢の日常

 

S家に嫁いだM嬢の日常を読んだ感想は?

S家に嫁いだM嬢の日常を読んだので感想をレビューします。

 

作者(同人サークル)のヨールキ・パールキさんの作品を読んだのは、S家に嫁いだM嬢の日常が初めてです。

 

最初は、純白のウェディングドレスを身に纏った花嫁が半裸状態で緊縛されている表紙のエロさに興味を持ちました。

 

縄で縛られて恍惚の表情を浮かべるヒロインが色っぽくて、一体どんなエロ漫画(CG集)なのか気になりました。

 

最初は、本編の無料試し読み画像を見てみてエロそうだなって思ったので、購入を決意。

 

実際に買って読んでみたけど、大当たりでした!

 

十分な快楽を仕込まれた花嫁には、優秀な子が宿ると言う、風変わりな風習があるS家に嫁いだM嬢(メリー)が、エロい新妻妊娠教育を受けると言うストーリーです。

 

この手の性教育系のエロ漫画(同人誌)は結構よくありますが、名家に嫁いでお嬢様となったヒロインの日常と言う、女性目線で描かれた世界観は珍しい感じがして、引き込まれました。

 

S家に嫁いだM嬢の日常と言うタイトルだけに、エロシーンはSMよりなちょっとマニアックなプレイが多めです。

 

個人的には、ディルドを挿入した状態で乗馬訓練して、馬にまたがった刺激でイってしまう乗馬訓練のシーン。

 

S家の当主である旦那様とのSEXでアナルセックスやディルドで二穴責めされるシーンが変態チックで興奮しましたw

 

巨乳のM嬢が縄で縛られる緊縛シーンもとてもエロくて、色白の肌と赤い髪の毛、豊満なおっぱいが縄ととてもマッチしていて、そそられます。

 

作品の後半の方で、ロリ顔で可愛らしい姪と目隠しされてるイケメン風(目隠してて顔は不明)な男のペットが出てきて、メリー嬢にクンニをしたりエッチなイタズラをしているシーンがあるんですけど。

 

本編では、その姪とペット男の絡み(エロシーン)がなかったのが残念でした。
この二人の主従関係も非常に気になってしまって、二人のエロシーンも別の作品で描いて欲しいって思いました。

 

あとは、S家に嫁いだM嬢の日常は、ヒロインのM嬢の視点で語られているからか、文字が手書きフォントになっているんですけど。

 

このフォントサイズが小さめでスマホから読むと文字が小さくて読みにくいのが難点でした。

 

読めることは読めるんですけど。もうちょっと大きめの文字の方が読みやすくて良かったなと思いました。

 

タブレットやパソコンみたいな画面サイズが大きな端末で読む場合は特に問題ないと思います。

 

S家に嫁いだM嬢の日常を読んで、少し不満に感じた所はその辺くらいですかね。

 

絵も綺麗で倒錯的な淫靡な世界観が独特な雰囲気を醸し出していて、エロい同人誌で満足です。

 

ヒロインのM嬢がとてもエロ可愛くて最高でした!

 

S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常

▼この続きは本編で▼

 

S家に嫁いだM嬢の日常の評価

S家に嫁いだM嬢の日常の評価は、個人的には100点満点中の90点です。

 

これだけ絶賛してても100点ではないのは、単純に個人の趣味嗜好の問題なんですけど。

 

個人的には、無理矢理ヤられて快楽堕ちするシチュエーションが好きなんで、S家に嫁いだM嬢の日常の漫画みたいに最初から受け入れ体勢OKな展開はちょっと物足りないと感じる所もありました。

 

その点だけ差し引いて、作品の評価は90点です。

 

ただ、これは人によってそれぞれ好みがあるので、S家に嫁いだM嬢の日常を読んで満点を付ける人もいるかと思います。

 

他の人のレビューを見ても評判の良い作品ですし、作者のヨールキ・パールキさんが描くキャラも綺麗で魅力的でエロシーンもエロいので、読んで損はないエロ同人誌だと思います。

 

S家に嫁いだM嬢の日常

S家に嫁いだM嬢の日常

▼ここから無料立ち読み▼

トップへ戻る